<トップページへ戻る

                   

お知らせ

今月の便り



・ 梅雨の過ごし方


  梅雨は胃腸に負担がかかりやすい季節です。
  冷たいものを避け、温かく消化の良いものを食べるようにしましょう。


  ポイント1 生もの、冷たいものは避けましょう。

         食が進まないからと、冷たいビールやジュースばかり飲むと
         どんどん消化力が低下して元気が出なくなってしまいます。
         からだの中湿気を追い出し、胃腸の機能を高めるようにすることが、
         大切になります。

         そのためには→刺身、生野菜、果物、生もの
                   冷蔵庫で冷やしすぎた飲食物を避けましょう。
                        
                   温かくて消化の良いもの


  ポイント2 梅雨のおすすめ食材
 
        胃腸の機能の低下を防ぐためには「芳香化湿」作用を心がけます。
        これは、良い香り(芳香)で体の中の湿気を発散させる(化湿)のです。
        紫蘇(しそ)やフェンネルがいいです。
        また、冬瓜、スイカなどは、体に必要な潤いを補いながら、余分な湿気を
        取り除いてくれる働きがあります。
        ※茴香(ういきょう)フェンネル
        せり科の茴香の成熟果実。
        



  ・梅雨時のお茶

     湿度の高い時は、緑茶、ハトムギ茶があっさりしていいでしょう。
     緑茶に紫蘇を加えた「紫蘇入り緑茶」は梅雨時には特に最適です。


   6月おすすめ旬の食べ物
    梅、しそ、グリンピース、さやいんげん、えだまめ、そらまめ、やえんどう、
    たまねぎ、じゃがいも、なす、らっきょう、たけのこ、アスパラガス、そら豆
    さくらんぼ、びわ、
    あゆ、とびうお、きす、あわび、あじ、いさき、あなご、たちうお、かんぱち
    はも、ちだい、まだい、黒だい、しまあじ・・・


    チョットひと言 びわ(枇杷)
             日本では奈良時代、「びわの葉療法」として仏教と一緒に中国から
             伝わり、江戸時代には「琵琶葉湯」という清涼飲料水が愛用されてました。
             ビワは皮膚や粘膜を潤し、暑気あたりを解消する果物で、微熱や
             ほてりをとってくれます。
             ビワの葉にはアミグダリンが含まれ、咳止め作用があることが
             認められています。
             
             
             

 診療スケジュール



6月の診療日

 月   火   水   木   金   土     ■は午後1時まで
は午後4時まで
休診



1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


 今月の写真館(2007年5月30日更新)


〒400-0043
山梨県甲府市国母3-4-8
TEL/055-228-2773

メールアドレス;junyoshida119@ybb.ne.jp
吉田鍼灸院